AI×DX用語集

姿勢分析とは?活用シーンや意味をわかりやすく解説

姿勢分析とは?活用シーンや意味をわかりやすく解説 AI×DX用語集

近年多くの企業でAIの活用が進んでいますよね。

AI技術はどんどん発展していますが、重要なのは、どのようにAI技術を活用するかです。

様々な分野でAI技術は用いられていますが、中でもスポーツや医療の分野では、人間の骨格や姿勢をAIで分析する技術が注目されています。

そこで今回は姿勢分析の活用シーンなどについてお伝えします。

姿勢分析とは

姿勢分析とは、画像や動画から人間の姿勢を推定し、分析する技術のことです。

姿勢分析は、まず姿勢推定を行うところから始めます。

姿勢推定とは、動画、静止画から人物の関節点を推定し、関節点を結んだ人物の姿勢を検出する技術です。

姿勢推定には大きくわけて二つのアプローチがあり、トップダウン方式とボトムアップ方式と呼ばれる手法です。

トップダウン方式ではまず物体検知を用いて人物を検知し、切り出した個々の人物に対して関節の検知を行います。

一方ボトムアップ方式は、物体検知を用いずに画像の中の関節点を一気に推定した後に、それぞれの人物を構成する関節点をまとめていく手法です。

姿勢分析の活用シーン

それでは姿勢分析の活用シーンをご紹介しましょう。

スポーツ

姿勢分析は選手のフォーム改善や、パフォーマンス向上のために使われます。

医療

姿勢分析によって得たデータを基にリハビリを行います。

自動運転

車載カメラから人物の検出を行います。

セキュリティ

不審な動きの人がいないかを姿勢分析によって検知します。

 

まとめ

姿勢分析とは、画像や動画から人間の姿勢を推定し、分析する技術のことです。

姿勢推定には大きくわけて二つのアプローチがあり、トップダウン方式とボトムアップ方式と呼ばれる手法があります。

姿勢分析は以下のシーンで活用されています。

  • スポーツ
  • 医療
  • 自動運転
  • セキュリティ
お多福ラボ
タイトルとURLをコピーしました