株式会社お多福lab

部活動 Extracurricular activities

Education
  • Kaggle部 Kaggle部

    Kaggle部

    Kaggle部では、AI・データサイエンスに精通した人材育成を目的とし、データ分析コンペのKaggleに取り組んでいます。Kaggleとは、企業などから提供されたデータをもとに、最適な予測手法を競い合うコンペティションです。

    データ分析コンペに参加するメリットは、

    ■需要予測や画像、自然言語など、様々なデータを扱う経験が得られる。

    ■世界トップレベルのデータサイエンティストの手法が学べる。

    ■チームで参加することで、コードの管理が実践的に学べる。

    などが挙げられます。

    我々はKaggleでの活動を通し、世界トップレベルのデータ分析とモデリングができる人材を揃え、さらなるAIの社会実装を目指します。

  • ロボティクス部

    ロボットを作る。それは簡単なことではありません。広い社会と、多くの人々と、親しみやすいロボットを考える

    "ロボットデザイナー"

    そのデザインを元に、ロボットの動き、大きさ、重さ、などを研究し実物にする

    "設計者"

    そしてそのロボットに命を吹き込む

    "プログラマー"

    他にも数えきれない人々が、1つのロボットを作るために協力し、支え合っています。

    ロボティクス部では主にそういった人たちと繋がりながらロボットの開発を行っており、お多福ラボのマスコットロボット「重田 純一号 くん」をはじまりとして数々のロボットの開発に取り組んでいます。

    他にもIoTと融合した"未来"の道具の開発や、人の役に立つ、社会のためになる、そんなものを作っていきたいと思っております。

    数年後、あなたの身近にも、お多「福」を持ったロボットがいるかもしれません。

  • 褌(ふんどし)部
    褌(ふんどし)部
    褌(ふんどし)部
    褌(ふんどし)部
    褌(ふんどし)部

    褌(ふんどし)部

    【部長挨拶】

    我々は日々の業務を褌(ふんどし)で行っています。「褌で働く」と聞くと、誰しも驚いたり、常識では考えられないと受け入れられなかったり、ましてや自分が行うとなると恥ずかしい気持ちが湧いてきます。

    しかし、実際に褌姿ですごしてみることが、「絶対にやりたくない、自分だったらしない」という自己の殻を破ることや、従来の自分の考えを壊すきっかけを生み出します。

    褌姿ですごす体験は、視野や見識の幅を広げ、異質な物を取り入れ、成長を促すと我々は考えています。

    我々は、以下のような様々な褌姿での取り組みを行っています。

    ■褌超座禅

    今世界でも禅は非常に注目されています。我々の行う座禅はマインドフルネスという宗教性を取り除いた禅です。マインドフルネスは従来の禅とは異なり、集中力や注意力を高める、自信をつける、他人への共感を強めること等を目的としています。

    褌姿での取り組みが、通常よりも体と心を開くことを可能にし、一層マインドフルネスの効果を高めると我々は考えています。マインドフルネスを毎日の日課としている部員もいます。

    ■褌超会議

    我々は褌ですごすことが、自己の殻を破り、成長に繋がると考えています。

    我々は、褌姿で行う定例会議を褌超会議と呼んでいます。褌超会議を実施以降、従来には無かった新たな発想や視点での意見が増え、日々の議論も活発化しました。

    現在では、褌部員以外の仲間も自発的に褌超会議を行うようになってきています。

    ■褌超筋トレ

    筋力トレーニングは、己の体との対話を通じて、マインドフルネス同様、自分と向き合う機会を提供します。筋力に負荷をかけ続けることにより、筋力の増強だけでなく精神的な成長をももたらします。

    筋肉トレーニングを褌姿で行うことにより、心が開かれ、現状を受け入れ、周りの目を気にせず己の力を出し切ることが可能となります。

    つまり、褌姿での活動が、一層自分と向き合う機会と自己成長を与えるものであると、我々は考えています。

    褌(ふんどし)部
    褌(ふんどし)部

    ※私共はもちろん、株式会社ふんどし部製のふんどしを使用しております。
    https://fundoshibu.com

    褌部員募集中

お多福ラボの事業内容

  • 人工知能開発 / 機械学習

    人工知能開発 / 機械学習

    お多福ラボの事業は、主に「ファイナンス」「インテグレーション」「エデュケーション」の3つの領域で展開しています。福を招き、増やし、楽しむ。それらをミッションに事業を展開しています。

    詳細はこちら
  • 将棋AI【電王戦】

    将棋AI【電王戦】
    「やねうら王 with お多福ラボ」

    将棋AIエンジン「やねうら王」等で数々の実績を有する、磯崎元洋(やねうらお)氏を、AI開発ブレーンとして迎えています。

    詳細はこちら
  • メディア運用

    メディア運用

    AI(人工知能)についてもっと知りたくなるメディア「AIZINE」を配信。関西を代表するAIに特化したシステム開発会社だからこそ得られる知見や最新動向を発信し続けています。

    詳細はこちら
  • 部活動

    部活動

    業務時間の一部を各々の好きな活動に充てることにより、見識や視野を広げると同時にアイデアを自由に発散させ、モチベーションを高め、革新性と創造性を発揮させます。

    詳細はこちら

ページTOP