部活動 Extracurricular activities

Education
  • Kaggle部Kaggle部

    Kaggle部

    Kaggle部では、AI・データサイエンスに精通した人材育成を目的とし、データ分析コンペのKaggleに取り組んでいます。Kaggleとは、企業などから提供されたデータをもとに、最適な予測手法を競い合うコンペティションです。

    データ分析コンペに参加するメリットは、

    ■需要予測や画像、自然言語など、様々なデータを扱う経験が得られる。

    ■世界トップレベルのデータサイエンティストの手法が学べる。

    ■チームで参加することで、コードの管理が実践的に学べる。

    などが挙げられます。

    我々はKaggleでの活動を通し、世界トップレベルのデータ分析とモデリングができる人材を揃え、さらなるAIの社会実装を目指します。

  • ロボティクス部

    ロボットを作る。それは簡単なことではありません。広い社会と、多くの人々と、親しみやすいロボットを考える

    "ロボットデザイナー"

    そのデザインを元に、ロボットの動き、大きさ、重さ、などを研究し実物にする

    "設計者"

    そしてそのロボットに命を吹き込む

    "プログラマー"

    他にも数えきれない人々が、1つのロボットを作るために協力し、支え合っています。

    ロボティクス部では主にそういった人たちと繋がりながらロボットの開発を行っており、お多福ラボのマスコットロボット「重田 純一号 くん」をはじまりとして数々のロボットの開発に取り組んでいます。

    他にもIoTと融合した"未来"の道具の開発や、人の役に立つ、社会のためになる、そんなものを作っていきたいと思っております。

    数年後、あなたの身近にも、お多「福」を持ったロボットがいるかもしれません。

お多福ラボの事業内容

  • 人工知能開発 / 機械学習

    人工知能開発 / 機械学習

    お多福ラボの事業は、主に「ファイナンス」「インテグレーション」「エデュケーション」の3つの領域で展開しています。福を招き、増やし、楽しむ。それらをミッションに事業を展開しています。

    詳細はこちら
  • ORS2号

    ロボット(ORS2号)

    ORS2号(オルス2号)は気軽に持ち運べるコンパクトでスマートな新しいロボットです。室内、野外を問わずあらゆる環境、場面で私たちの暮らしをサポートします。

    詳細はこちら
  • 将棋AI【電王戦】

    将棋AI【電王戦】
    「やねうら王 with お多福ラボ」

    将棋AIエンジン「やねうら王」等で数々の実績を有する、磯崎元洋(やねうらお)氏を、AI開発ブレーンとして迎えています。

    詳細はこちら
  • メディア運用

    メディア運用

    AI(人工知能)についてもっと知りたくなるメディア「AIZINE」を配信。関西を代表するAIに特化したシステム開発会社だからこそ得られる知見や最新動向を発信し続けています。

    詳細はこちら

ページTOP